ギャンブルで失敗しないためにも、競艇は負けても納得できる範囲で勝負するべきです。

のめり込み過ぎに注意

 

散らばるお札

 

競艇に限ったことではないですが、ギャンブルはのめり込み過ぎに注意して適度に楽しみましょう。
特に負けた時は感情的に勝負しがちです。分析など予想に時間のかけていない中で大金を勝負すると高い確率で負けます。
ギャンブルで失敗しないためには、負けても納得できる範囲で勝負することが大切です。

 

趣味にするなら負ける気持ちで行う

 

競艇の還元率は75%です。仮に全通りの舟券を買い続けると最終的には75%の回収率になります。
その中でも競艇で勝ち続けているプロがいます。彼らは膨大な研究やペラの状態を見極める経験値、コンピューターを駆使したデータ分析によって素人よりも精度の高い予想をすることで結果を出しています。

 

還元率は75%でも個人レベルの人で競艇で長期的な利益を出している人は多くても2~3%でしょう。
極論を言えば、アマチュアレベルだと、続ければ続けるほど負けます。

 

それでもお金をかけてレースを見ながら一喜一憂するのはストレス解消になる立派な趣味です。
遊びでやるのであれば、負けた時でも損失額で今日1日を楽しめたのなら損はしていないと前向きに考えましょう。
負けた時に取り返したいとか、当たった時にもっと大金を積んでいれば・・・などタラレバの考え方を持つと失敗します。

 

短時間で大負けするリスク

 

公営ギャンブル系の投票形式のギャンブルは短時間で大きな損失を出すリスクがあります。
1枚のマークシートで買える1点あたりの購入金額は競艇場によって異なりますが、尼崎・丸亀・福岡など西日本では一部で50万円のチェック欄があり最大で165万円まで購入できます。(50.40.30.20.10.5.4.3.2.1)
1回のレースに複数枚のマークシートを使うことができるので最大投票額はほぼ無限大です。
マークシートを記入する時間で見れば、数千万円の投票でも数分程度でできてしまうでしょう。

 

数千万円は現実離れした数字ですが、1レースに数十万円の大勝負をしてしまう人はたくさんいます。
そんなリスクは背負わないと最初は誰でも思っているものですが、損失が膨らむとだんだん金銭感覚が麻痺してしまうものです。

 

1レースにつき2千円で勝負していた所を3千円に増やすなど、当初の計画を無視した増額投資は失敗へ向かう大きな一歩になります。
競艇を適度に楽しみたい人や本気で利益を出したい人に共通して言えることは、感情をコントロールして計画的に舟券を買うことです。

 

ネット投票はさらに危険

 

ネット投票は便利なサービスですが、手軽に舟券を買えるからことにもリスクがあります。
のめり込み過ぎると仕事中に舟券を買ってしまうようになります。
適度にメリハリをつける分なら問題ないですが、それで仕事がおぼつかなくなり成績や評価が下げてしまうと負のループに突入します。

 

仕事がうまくいかなくなると競艇で大きな利益を出そうと考えて、どんどん投資額を膨らませてしまいます。仕事もギャンブルもうまくいかないことから自暴自棄になって短期間で貯金をすべて溶かしてしまう人もいます。

 

ネット投票はギャンブル依存になるリスクが高いことを覚えておきましょう。